基礎化粧品の浸透力もアップ

なぜ浸透力がアップするの?

なぜピーリングをすると、基礎化粧品の浸透力がアップするのでしょうか?それは肌のターンオーバーが関係しています。ターンオーバーとは28日周期で肌が生まれ変わることですが、紫外線や食生活の乱れなどによって簡単にリズムが狂ってしまいます。そうなると、古い角質が肌に残るので角質層が詰まり、分厚くて固いゴワゴワとした肌になってしまいます。その結果、基礎化粧品が浸透しにくくなり、やがてシミやくすみなどの肌トラブルも起こってしまいます。しかし、ピーリングを行うことで肌の古い角質が取り除かれるので、ターンオーバーの乱れが整いやすくなります。また角質が本来の柔軟な状態に戻るので、水分や油分が浸透しやすい肌になるのです。

季節の変わり目の肌荒れにピーリングは厳禁!

季節の変わり目は肌荒れが起きやすいです。それは急激な気温の変化や紫外線量の変動、また異動や転勤などの環境の変化によって無意識にストレスがかかってしまうからです。肌荒れによるごわつきが気になるとき、通常はピーリングを行って肌のターンオーバーを促し、基礎化粧品が浸透しやすい肌にすることが望ましいです。しかし季節の変わり目の肌荒れについては、肌がとても敏感になっているので刺激を与えるのは厳禁であり、ピーリングなどの過度なお手入れは行わない方がよいのです。逆に肌に負担がかかってボロボロになってしまうこともあります。ですから、肌が落ち着いた状態になるまでは刺激を与えず、保湿を重点としたケアを行いましょう。