紫外線対策も必要な理由

新たなメラニン色素を作らないようにするため

ピーリング後は肌のトラブルを防ぐために、念入りな保湿ケアが大切です。しかし、紫外線対策も同時に行うことも大切です。なぜ、紫外線対策も同時に行う必要があるのでしょうか?それは、新しい肌に生まれ変わる途中で、新しいメラニン色素を作らせないためです。ピーリング後の肌は刺激に弱いので、普段よりも紫外線のダメージを受けやすい状態になっています。メラニン色素が作られてしまうと、将来的にシミやシワが出来てしまう可能性が高くなってしまいます。ピーリング後は、新しいメラニン色素を作らせないためにも、紫外線対策も肌ケアと合わせて行って下さいね。日焼け止めを使用する場合は刺激の弱いものを使い、洗顔料で落ちるタイプのものを使用しましょう。

肌のターンオーバーを整える為に紫外線対策を行いましょう

ピーリングは肌の再生能力を高める為に行う施術です。そのため、保湿ケアと同時に紫外線対策も行いましょう。紫外線対策が必要な理由は、肌のターンオーバーの妨げになる有害な紫外線から肌を守るためです。ピーリング後の肌は普段よりも刺激に弱い状態になっているので、紫外線の影響が強くなっている可能性があります。ピーリングをしてから数日間は、日傘を差したり日焼け止めを使用しましょう。また、室内のカーテンを黒にしたり、着用する帽子の色を黒にするのもオススメです。黒は紫外線を吸収する力がありますので、日焼け止めを使用するよりも手軽に紫外線対策を行う事が出来ます。ピーリング後は紫外線対策を徹底的に行い、肌のターンオーバーを整える事に集中しましょう。